スポンサーリンク

シングルマザーの生活費と気になる貯金額

シンママの苦しい生活

 

「生活がとても苦しい」、「なかなか貯金ができない」

 

など、多くの悩みを抱えたシンママも多いのではないでしょうか?


特に仕事を抱えながら子育てをしていれば、計画どおりにいかないことも出てきます。

 

シンママは子育てや仕事やお金の悩みも尽きない・・・


気になるシンママの生活費と貯金額は?

 

シンママの生活費は?


シンママの中には貯金額も少なく、毎月の生活費に困っている人も少なくありません。

 


子供がいればフルタイムで仕事をするのも厳しくなりますので、アルバイトやパートなどの時間給になる事もやむを得ないのです。

 


仕事の内容にもよりますが、時間給の場合賃金が低いものもたくさんあります。


毎日の生活費、子供が病気にかかれば医療費もかさんでしまいますね。

 

生活費を稼ぐために残業など頑張りすぎると、今度はシンママが病気にかかってしまいます。


そうなると医療費どころか、毎日の生活費もたりなくなってくる恐れが・・・。

 

その点に注意しておく必要があります。

 

シンママ世帯の平均年収について 


生活の豊かさを図る基準として、貯金額が一つの目安になりますね。

 

f:id:navimy:20160213174156j:plain

 

シンママのみなさんは、貯金額はどの程度なのでしょうか?


母子世帯の平均年収は、どれくらいかとても気になります。


全国母子世帯調査によると、母子世帯数は全部で123,8万世帯、また世帯の平均年収は291万円という数字になっているのです。


ちなみに父子世帯の平均年収を見てみると455万円ですので、母子世帯の平均年年収はかなり低いと言えます。

 

シンママには手当や助成金が大切な収入源


母子世帯の平均年収は、父子世帯と比べると残念ながらかなり低くなっていますね。


その内訳については、シンママが仕事によって得る額は181万円となっています。


そのため残りの収入は、国や市町村からの手当金や助成金ということになります。

 

うまく出来るシンママは国からの手当や助成金は使わないで貯金すると言う方法をとっています。


シンママは非正規雇用の方が多いので、毎月の収入にも限界が出てきますね。

 

このようにシンママの平均収入はかなり低くなっていますので、貯金額もあまり多くない世帯が目立ちます。


もう少し収入が増えれば貯金額も増えていきますので、生活にもゆとりが出てくるのではないでしょうか?

 

シンママは子育てをしながら仕事を頑張っていますがギリギリの生活費と言うシンママも中にはいます。

 

もちろん、貯金は二の次。

 

シンママの生活費は平均どれくらいなのか?

 

おそらく手取り13万だとしたらすべて家賃と生活費に消えていきそうです。

 

節約すれば3万位の貯金は出来るのではないかとも思いますが、家賃次第ですね。

 

シンママは貯金額がどれくらいあるか?

 

おひとり様もそうですが、実家だとか元夫が出してくれているとかの理由で家賃がかからない場合はかなり恵まれていますね。

 

そこで同じシンママでも貯金となれば年間100万円位の差はありそうです。