スポンサーリンク

バツイチでシンママは恋愛や結婚にリスクが伴う?

バツイチでシンママの恋愛は臆病になる?

 

自分は一度離婚したことがあるから・・・と恋愛に臆病になっているシンママもいますね。

 

それは当たり前と言えば当たり前。

 

何故かと言えば、今のこの世の中は離婚した人を見降ろしてみる癖があります。

 

人との話でも、死別の人は声を大にして「私は死別よ。離婚じゃないわ」

 

と言う。

 

離婚のどこがいけないの?

 

 バツイチでシンママになったけど

 

たまたま結婚した相手とうまくいく理由がなかったからじゃないの?

 

離婚したシンママは離婚を隠す人も結構います。

 

卑下する事はないのですが、離婚、バツイチ、シンママ・・・

 

何となく汚点のような気がして。

 

世の中の風潮も実際はそうなのです。

 

バツイチでシンママ、それだけで恥ずかしいと思ってしまう。

 

f:id:navimy:20160211234412j:plain

 

だから恋愛に対しても臆病なのです。

 

もし、バツイチだと言うことがわかったらもう付き合わないだろうなとか、相手の親の反対があるだろうなとか考えてしまいます。

 

シンママの恋愛と結婚のリスクとは?

 

シンママの恋愛と結婚のリスクの第一が自分のバツイチに対しての卑下する気持ち。

 

初婚のまっさらな状態だったらそんなことはないのですが、やはり一度結婚して失敗したと言うことが相手だけではなく相手の親戚にもただならぬことを想像されてしまうだろうし、この人一回離婚しているそうだけど大丈夫なの?

 

と言う偏見を持たれてしまう事。

 

周りになんて思われようが結婚する二人がうまくいけば良いのですが、中々そうもいかない場合もあります。

 

シンママの結婚するときのリスクで他の事と言えば財産問題が絡んできます。

 

相手もバツイチで子供がいた場合などはもう大変。

 

財産はあっても無くても、結婚する相手に養育費を払っている子供がいるとしたらそのあたりもけっこう話し合いが必要になってきます。

 

養育費は自分の子供に払う義務はあります。

 

だからと言ってシンママの子供にはお金を使おうとしない男性だったらダメダメよ!

 

離婚を繰り返さないために

 

バツイチでシンママだからこそ、もう失敗はしたくないと思いますよね。

 

そこらへんをリスクと考えないで、慎重にうまく結婚まで事が進むようにしていきたいです。

 

慎重に慎重に。

 

シンママが二回も三回も結婚に失敗したらそのたびに苗字が変わって、振り回されるのは子供です。

 

リスクと言うよりも間違った結婚を繰り返さないように恋愛と結婚は慎重に進めて明るい家庭を築けるようにしたいものです。

 

結婚までの恋愛期間が長くてお互いの事を十分知っていたはずなのに、いざ籍を入れて結婚となり一緒に住むようになったらうまくいかなくなったと言うこともあります。

 

籍を入れると言うことは紙切れ一枚、されど重要な役目をする紙切れなのです。

 

籍を入れる前によ~く慎重に考えてシンママは結婚を考えていくと良いですね。