スポンサーリンク

シンママの再婚の決め手になったのはどんなこと?

シンママが再婚するときの決め手となった事とは?

 

シンママが再婚するときは今まで以上に慎重に考えているはずですよね。

 

一つ一つクリアしていきながら・・・

 

今や結婚する4組に一組は再婚カップルという現代、シンママの再婚の決め手となるのは、どんなことなのでしょうか?

 

 それでも再婚に踏み切れたことは?

 

 

再婚の決め手はこんなこと ~夫の意見

 

 

再婚する際にシンママを選ぶ男性に聞いてみると

 

「家族が欲しかったし、温かい家庭に憧れていた」

 

「子供がなついてくれて可愛く思えてきた」

 

「子育てをしながら、バリバリ仕事をこなしている姿にグッときた」

 

f:id:navimy:20160208200547j:plain

 

「小さな子供を抱えて大変そうで、守ってあげなければいけないという気持ちになった」

 

などなど、ポイントは、子供とのかかわりのようです。

 

子供とうまくいくかどうか、またシンママが一生懸命子育てや仕事をしている姿などが、結婚を決意する決め手になるようです。

 

再婚の決め手はこんなこと ~妻の意見 

 

では、シンママはどう思っているのでしょうか?

 

再婚の決め手はどんなことなのか、シンママたちの意見をまとめてみました。

 

「息子がなついてくれた。あるとき、子供がパパと呼んだことが決め手になった」

 

「子供のことを考えると、家の中にお父さんがいた方がいいと思ったので」

 

「経済的にきつかった。子供が病気になるたびに仕事を休まなければいけないので、いつかクビになるんじゃないかとハラハラしていた」

 

「子供が小学校に上がるタイミングだったから、再婚するなら今しかないと思った」

 

など、やはり、シンママたちも子供と相手とのかかわりかた、また、子供の成長に伴うタイミング、さらに経済的な不安などが、再婚を決める要素になるようです。

 

ステップファミリーには人柄が必要

再婚の決め手がなんであれ、ステップファミリー(再婚子連れ家庭)を続けていくには、他の家庭よりも、夫、妻の人柄が重要です。

 

穏やかで、順応性がある人。また、違いを認められる人は、新しい家庭でもうまくやっていくことができます。

 

でも、怒りっぽい人や、自分だけが正しいと思っている人は、家庭内に摩擦を生み、トラブルをかかえるようになり、結局、離婚と再婚を繰り返すことになります。

 

自分の性格、相手の性格を考えて、一緒に暮らしていくのに向いているかみきわめましょう。

 

シンママが再婚するとき、やはり、子供のことを抜きにしては考えられません。

 

子供と彼がうまくやっていけるように、上手に間をとりもちましょう。

 

シンママは思い切って再婚に踏み切ったことでお子さんにも祝福される、穏やかな再婚生活を送れると良いですね。