スポンサーリンク

シンママ、子供がいても再婚したいと思うのはなぜ?

シンママは子供がいても再婚したいと思う 

  

一昔前は、シンママは子供のために生きるのが当然、と思われて、再婚なんてもってのほか、という風潮もありました。

 

でも、時代は変わり、シンママに対する見方は変わってきました。

 

シンママとの再婚を望む男性も増えています。

 

では、シンママが、子供がいても再婚したいと思うのはなぜなのでしょうか?

 

シンママ、子供がいても再婚したいと思うのはなぜ?

 

「もう結婚なんてこりごり」

 

そんなふうに思っていても、時間がたつうちに、寂しくなったり、子供には父親が必要だと思うようになる人は多いようです。

 

恋愛と結婚は別、と考えている人でも、お付き合いが長くなってくれば自然と、再婚したいというふうに考えが変わっていったり、彼のほうが結婚を望むようになったりすることもあり得ます。

 

好きになれば、できるだけ一緒にいたいと思うのはあたりまえのことです。

 

お付き合いしている人がいなくても、週末、ス-パーで一緒に買い物している家族連れや、遊園地や動物園などで仲良く手をつないで歩く家族を見た時に、再婚したいと思うときがあるかもしれません。

 

子供から「どうしてうちにはパパがいないの?」と聞かれて、子供に申し訳ないと思うとき、子供に父親を与えてあげたいと思うこともあるでしょう。

 

シンママの再婚と子供の年齢

 

シンママが再婚するときに、一番気になるのは子供のことではないでしょうか?

 

f:id:navimy:20160203123408j:plain

 

それは大多数だと思います。

 

でも中には「女」の要素が強い女性もいます。

 

さて、子供がいての再婚で考えてしまう理由は・・・

 

「もし、子供と彼がうまくいかなかったら」

 

「もし、子供が虐待されたら」

 

なかにはそんなふうに考えて、再婚をためらうシンママもいます。

 

再婚するなら、できるだけ子供が小さいうちか、または、子供が母親のことを理解できるようになってからにしましょう。

 

まだ子供が小さいうちなら、パパができることは子供にとっても嬉しいことですし、比較的簡単になついてくれます。

 

また、再婚相手も、いきなり大きな子供ができるよりも、小さな子供の方が愛情がわきやすいということもあります。

 

子供が思春期に入ると、新しい父親と衝突したり、疎外感を感じて心を閉ざしてしまうケースもあります。

 

また、子供が女の子の場合は、最悪の場合、性的虐待の危険なども起こり得ます。

 

そうした問題を避けるためにも、再婚するタイミングは慎重に選びましょう。

 

穏やかで幸せな家庭を築くためには、家族のみんな、あるいは誰かが我慢するのではなく、全員が自然体でいられることが必要です。

 

子供と再婚相手が親しくなれるよう、焦らず、感情に流されず、冷静に時間をかけましょう。