スポンサーリンク

シンママ、バツイチが再婚するときに考える事とは?

シンママ、バツイチの婚活

 

シングルマザーをシンママと言う女性はキャピキャピしているイメージですね。

 

そんなキャピキャピしているシンママはヤンママでもあります。

 

そして、バツイチであることには間違いない。

 

シンママ、バツイチの婚活が熱い!

 

 シンママ、バツイチの最初の結婚は失敗?

 

シンママは若い時に結婚をして子供も20代前後に出産した人けっこういるんです。

 

結婚があまりにも早かったから、相手の性格までは見極めることが出来なくて・・・

 

子供を授かってそのまま結婚と言うパターン。

 

それでも良いパパだっ良いんだけど。

 

若い時の結婚って、たまたま偶然の出会いで子供が出来てと言う人も多いのです。

 

お互い若いからパパ、ママになりきれていない。

 

そんなことないよ!

 

だとしたらバツイチ、シンママではないですものね。

 

一回目の結婚、そして離婚は早いか遅いか?

 

ヤンママ、ヤンパパは離婚の決断は早い。

 

子どものいるママは若いけど頑張れるのです。

 

今までは好きな男性に愛情があったかもしれない。

 

でも、離婚をして子供を守ろうとする母性本能が素晴らしく強くなるんです。

 

シンママは子供のために結婚?

 

シンママは離婚後は子供のために一生懸命働きます。

 

でもなんていったって若さがある。

 

やり直しもきくのです。

 

f:id:navimy:20160203005604j:plain

 

そのやり直しの時期が重要。

 

シンママがふと結婚を考える時ってこんな時

 

〇子供の父親がいた方が良いかな。

 

〇生活するの大変。精神面と経済面で頼れる人がいたら結婚したい。

 

〇世間体は気にならない・・・それは嘘。

 

〇節約ばかりの生活やめて、結婚して子供にも普通に生活をさせてあげたい。

 

若さがある時に再婚をしてみる

 

シンママの子供の年齢は様々。

 

赤ちゃんのうちに再婚すると新しいパパも本当の子供のように愛情をかけられると聞きました。

 

だから、大変だけど子供が赤ちゃんのうちの再婚ももしかしたらありなのかも!

 

そんなシンママの考えもあれば、子供が大きくなってからじゃないと結婚は考えられない。

 

そんなことを思いつつ、子供が小学校、中学校とすすむと多感なお年ごろになりますよね。

 

ますます結婚は遠のきそうです。

 

でも、その過程の中で恋愛があればすすめちゃっても良いんじゃないでしょうか?

 

籍を入れるのはいつでも入れられるし?

 

本当は籍を入れると言うことは法律的にも気持ち的にも守られていると言うことなのでメリットは高いのですが。

 

シンママ、バツイチが再婚するとき

 

難関を乗り越えてシンママもバツイチさんも結婚するときが来ると嬉しいですよね。

 

でも、そこで注意も必要です。

 

お互いが一度結婚した身である以上、何かと譲れないものも最初の結婚よりも出てきます。

 

再婚をしたシンママ、バツイチの離婚率も実はそう低くはないのです。